八ヶ岳歯科の医療従事者の働き方改革
についての取り組み及び患者さんへのお願い

社会問題となったセ●ン・●レ●ンの24時間対応は究極のお客様ファーストの結果と考えます。
医療機関も同様に夜間・休日診療、突然の来院、予約の遅刻、無断キャンセル等を全て受け入れていれば、患者さんにとってはまさにコンビニエンス(convinience=好都合なこと、便利なもの、重宝)ですがコンビニエンス・ストアと同じく長時間労働となり、医療従事者の疲弊及び優秀な人材確保の困難を招くことは否めません。近年歯科医院の競争激化で、他院との差別化、集患のための夜間診療、休日診療を行うコンビニ型歯科医院が目立ってきました。

開業以来、八ヶ岳歯科は「この村であっても最新、最良の医療を提供する」という理念で診療を行ってきました。目指して来たのは24時間診療のコンビニ型クリニックではなく最新、最良の医療を提供するクリニックです。当院の理念に基づき診療を行う上で優秀なスタッフの存在は不可欠です。公務員、会社員、商店等で毎日の勤務が夜遅くになることはあり得ないことです。早朝から夜遅くまでの勤務はスタッフへの負担が増えるばかりではなく、医療の質が低下する原因ともなります。また新規スタッフの補充に際しても、人手不足の昨今そのような条件下で優れた人材を確保することは困難を極めます。「仕事が終わってから夜遅く、出勤前に朝早く、日曜日、祝日、連休の時に、近いから自分の空いた時間に、いつでも、待たないで、今すぐ診て欲しい」という希望の方もいるかと思いますが、それらを全て受け入れている限り、予約システムは崩壊し我々医療従事者の自己犠牲の上に立つ医療となります。充分な休み時間、休日もなく、疲れた体に鞭打って、食事もとる暇もなく夜遅くまで診療をするようでは良質な医療が成り立つはずがありません。小規模の医療機関ではシフト制も困難です。どうしても上記のようなご希望が強い方は意に叶う医療機関に受診される方がご満足出来るのではないかと思います。

歯科医院では2020年新型コロナウイルスの流行と共に院内感染予防対策の重要性が再び浮かび上がって来ました(院内感染とは院内で人から人に病気が感染することです)。この感染予防の一種の”流行”はファッションと同様、何年か毎のインターバルで波のように繰り返されて来ました。
八ケ岳歯科では患者さんに安全な医療を提供する為に国内トップレベルの院内感染予防対策を1987年開業以来綿々と行ってきました。
機器、器材の滅菌システムのレベルを維持するには、時間とマンパワー及び多大なコストが必要になります。診療後スタッフは後片付けだけではなく、滅菌準備と滅菌作業に1時間以上の時間を費やしています。手を抜けば(滅菌をいい加減にすれば)さっさと終われますが、スタッフ全員に課せられた当院のルーチンワークです。
滅菌に際しても1つ1つの作業に細心の注意を払わなければなりません。長時間の診療後に汚染された鋭利な器具等に注意しながら滅菌作業を行うことはスタッフの疲弊等から事故や滅菌の質が低下し、気づかぬうちに院内感染のリスクを発生させる可能性があります。
このような事から、患者さんへの院内感染防止及びスタッフへの安全と負担軽減の為に、診療受付時間の短縮をさせて頂くことにしました。
時間通りに診療を終わるためには、我々サイドの努力だけではなく、患者さんの遅刻やキャンセルを無くしていくことが不可欠です。

確実な院内感染予防対策を行うため及びスタッフの長時間労働を防止すると共に、最良の医療を提供するために「働き方改革」として、以下の診療方針に基づき診療を行います。
何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。

1.『受付』時間は 8 :50(休日明けは9:20)〜11:50、14:20〜16:50
   『診療』時間は9:00(休日明けは9:30)〜12:20、14:30〜17:20

予約は時間厳守でお願いします。遅刻、キャンセル(無断キャンセル、当日予約時間前のキャンセル、予約時間過ぎてからの連絡)を繰り替えされる方よりも、予約を守り真摯に向き合う方を我々は大切にし最優先します。それらを全て受け入れていると、予約時間を守り、真面目に来院された患者さんに大きな迷惑がかかる事と、当院にとっても少なからず損失となります。それに加えて予約調整による事務処理の増加、昼食時間に食い込み、終業時間の遅延につながります。遅刻、キャンセルが度重なれば、当然我々のモチベーションにも影響が及ぶ事は否めませんし、今後の受診をご遠慮頂くことも有ります
2. 予約時間の 10分前には余裕を持って受付してください
 予約時間ジャストに診察券をボックスに入れられても、身繕いもあるだろうし、保険証の確認なり当日の注意・連絡事項等ありますので10分前にはスタンバイお願いします。   
遅刻された場合、持ち時間が不足またはオーバーしていれば予約を取り直していただく事になります。スタンバイの時間に受け付けが済んでなくて次の患者さんがすでに来られている場合、その方が優先されます。
また現在予約が取りにくい状況なので、10分前に受付がお済みでないときは先に予約が飛んでいる待ち患者さんに連絡をして来ていただくことにしています。その時は遅れて来られても診療は出来ません。
3. お子さんのみで来院され、診療後のお迎えとなる場合は、必ず17:25迄には 保護者の来院をお願いします(当日の会計の締めと待合室の清掃、戸締まりができないからです)。

4. 治療は完全予約制となりますので、原則として予約なしの診療は行っておりません。
 緊急の場合も予めご連絡をお願いします。当院で受け入れが困難な場合には近隣の医療機関を
ご紹介しますのでご協力お願いします。

5. 治療内容等の相談についても予約が必要です。

次のような記事もあることから当院だけの問題では無さそうです・・・・・・・・・・・・・・働き方改革2