歯科用タービンで世界トップシェアのメーカー
それをどうしたか
(※この記事の作製にあたり、開示すべき一切の利益相反はない)
       
 
 
 
             
             その答えがこれです
 
ScreenSnapz452.jpg
 クラスB? ではありません
 
 タービンメーカーが選んだのは・・・・・
 
           クラスSでした  
両隣の他社製のクラスB に比べて最小限であることがわかります。クラスBのメーカーの話では
システムと構造が複雑なせいで故障が多く、修理代もとびきり高い事に加え、サイズが大きく重いためメンテに来てもらったりするか送る事になり大変らしい。しかしクラスB狂想曲に乗せられて?慌てて購入された医療機関も数多くあるとのこと。
    まだおかしいところが多々有ります、良く考えれば分かる事ばかりです
     ・・・・・・・・・・・・To be cotinued