根管内で中を掃除するドリルのようなものをファイルとかリーマーといいます。これを使用中に根の中で折れてしまう事がごくまれにあります(学生の時や出たての頃はよく折りました<(_ _)>)。細い根管の中でまわりの壁に食い込んでいるファイルを取り除くことは至難の業です。またそれを放置するとその先にある感染物質が掃除出来ずに終わってしまうわけですから、根の先に病気が出来て最悪抜歯に至る事もあります。
過去(卒業直後くらい)にはマセランキットといういわば破折器具の除去レスキューセットみたいなものがありました。大変立派な木箱に入っていて、高価なものでした。折れたファイルの周りを筒状のドリルで削り取り、その内径にあったピックアップツールでつまみ取る器具でしたが、筒状のドリルがとてつもなく太くて少しでもやりすぎると側壁を突き破るほどの太さでした。当時はもちろんマイクロスコープは有りませんでしたから、途中レントゲン写真を何枚も撮りながら冷や汗をかきながらドリルしたもので、まさに”賭け”のようなものでした。最初に使用した症例は上顎の大臼歯の口蓋根で、無事除去出来た時は感激しました。しかし数回使用しましたが、細い根管では不可能な事、全てにおいて余りにもリスクが大きすぎる事、加えてコストがかかり過ぎる(ドリルがすぐに切れなくなる)ためにお蔵入りしてしまいました。
でも今は違います。マイクロスコープが出てからは破折ファイルを目で見ながら周りを超音波で削り取ると、安全に取り除くことが可能になりました。しかもそれをビデオで記録し、だれにでも解る説明ができる時代になった、本当にすごい事ですね。

レントゲン写真
DSC_0039b.jpg
根の先に白く映っているのがそうです。この患者さんはかぶせ物と土台の再治療を希望されたので破折器具も同時に取り除くことになりました 
 201010301824497199.jpg
破折ファイルの頭が見えます

2010103018255521950.jpg
回りを削り取っています


2010103018424722774.jpg
 取り除いた破折片
しかしこの破折片はSSファイル(ステンレス製のファイル)だったからさほど困難では有りませんでしたが、最近流行りのNiTi(ニッケルチタン製)ファイルの破折片除去、特に湾曲部で破折していれば極端に困難になります.肉眼では完全に不可能です.
殆どの患者は折れた事は知らされていないので、レントゲンで発見されて指摘を受けるまでは分かりませんが・・・・・・・(ー ー;)








2014091320243423045_2.jpg