歯のつめ物や、かぶせもの、義歯を作ってくれる方が歯科技工士さんです。
我々にとっては無くてはならぬパートナーです.

再発の無い医療を目指す上で大切な事の1つにその技工物の精度があります。
いくら我々が精度の高い根管治療を行い、感染歯質を徹底的に取り除き、歯型を精密に採っても、技工士さんのスキルが低ければ精度の低い、すき間だらけのつめ物やかぶせ物が出来てきます。結局それまでの我々と患者さん努力と費やした時間は全て水の泡となります。
ましてやそれをそのまま詰められたりかぶせられたりすれば、数年でそのすきまから虫歯菌が侵入して再発したり、つめ物・かぶせ物が取れたり、神経が駄目になったり、根管治療済みの根に細菌が再感染して病巣が出来たりして(コロナルリーケージ)患者さんは医原性疾患の被害者となります。
それほど重要な位置にある職業です。

しかし歯科医師は精度の高い仕事を要求するばかりではだめです。作る側にとって仕事がしやすい模型が提供されていなければシビアな技工物は出来てきません。
いい加減な歯型で歯にぴったり合う物が出来るはずがないのです。
たとえ世界一の技工士さんがいくら徹夜して頑張っても、与えられた模型以上の完成品は作れないのは明らかです。

以前から非常にシビアな仕事をしてくれるある技工士さんがぽろっと漏らした言葉が本音だと思いました。
「マージン(冠せ物と歯の境界)がボンヤリして、泡だらけの模型と精度の高いマージンがはっきりした模型が並んでいたら、精密な模型の仕事の方はそれを前に緊張しますし、断然気合いが入りますね・・・・」

まるでお手本のような理想的な模型と、形成面に凹凸が有り印象の限界がはっきりしない雑な模型とを目の前にすれば前者の方に力が入るのが当たり前だと思います。当然その方が精密に作りやすいであろうし、
形成や印象に神経が研ぎすまされた事が模型から一目瞭然であれば、それに応えようというモチベーションが自然とわき上がるのではないでしょうか、その逆も然りでしょうが・・・技工士さんもである前に人間だからです。

仕事へのモチベーションは経済だけではなく、その仕事への情熱が有るか無いかで決まると言っても間違いではありません。採算を度外視してもベストな仕事をしようと思わせる何かが必要なのです。
どの世界でも昔から巨匠と言われた人々は決して経済だけで動いて来たとは思えません。自分の作品を採算を度外視してとことん納得のいくまで寝食を忘れ制作するのではないでしょうか。


でも、ひとよりも優れた仕事をするマイスターが食うに困っていてはそのうちに疲弊してしまいます.そうなればいい仕事をしたくても出来なくなるのは明らかです。仕事に見合ったインセンティブは不可欠と考えます。





2012022207404221721_1.jpg




ラボ(歯科技工所)で最も上手な技工士さんにやってもらうには?
ラボには個人経営のところもありますし、何人もでやっているところもあります.トップは超有名な技工士さんでもその弟子が何人もいるところもあります.その中でもやはりスキルのランクが有ります.できれば最も優秀な技工士さんに製作してもらうのがいいのに決まっています.しかしそれは簡単なことではありません。
それに加えて・・・



To be continued・・・


P1080085.40.jpg
   2012.1.6.−20.5℃の朝、日本で2番目に寒い処としてTVで紹介されました.しかしこの1ヶ月後の2月3日に当村観測史上最低新記録–26,2℃を達成しました