最近、新聞やテレビなどで「院内感染」が問題になっています。院内感染とは、病院内で病原体(細菌やウィルス)に感染することをいいます。病院で治療を受けている患者さんが病院で(もとの病気とは別の)感染症にかかったり、病院で働く人が感染症にかかったりすること全てを「院内感染」と呼んでいます。病気を治すための病院で病気にかかるなんて、大変困ったことですね。
感染予防対策が徹底していればこのような事故は起きません。しかしそれを徹底するという事はHpにも書いていますが大変な費用と人手と個人個人の細心の注意が必要です。
たとえば私が治療中に血液とか感染物に自分の手でふれた場合(当然グローブはしていますが)その手は”不潔”となります。その時引き出しに入った器具を取りたいとします、たまたまそばにスタッフがいなくて、急いでいたときに「一回くらいいーか」と思って不潔な手で引き出しを開けて中の器具を取り出したとします。その瞬間、院内の感染予防の環は崩れてしまうのです。引き出しの取っ手や引き出しの中には病原体が付着します。それを知らないでほかのスタッフが引き出しを開けます、その手でドアとか診療器具に触れていけばどんどん院内に感染が広がるのです。ですから八ヶ岳歯科では1人では診療は出来ませんし、たまたまそばにスタッフがいない場合は「お願いします」と言って来るまで治療は中断し引き出しは開けられません。治療内容によっては、清潔と不潔を別々に担当するスタッフが2人いないと出来ない事もあります。滅菌された器具を取り出したり、扱うときもこれまた滅菌したピンセットで扱わなければなりませんし、一つ一つの行動が直で扱うよりもスムーズにはいきません。
器具を滅菌する労力とか繰り返し滅菌による器具の劣化の費用だけではなくこのような労力が徹底した感染予防のために必要なのです。

院内感染が起きた病院でも対策はしていたのでしょうが何百人といるスタッフの中の一人が環を崩したのでしょう。人数が多くなれなるほど管理が難しい問題が起きやすいと思います。
当院でも週明けからいっそう気を引き締めていこうと思っています。